« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

こわ~い話

金曜日の生徒さんYさん(高1)のお話し・・
Yさんのお母さんは看護師さんです。
「将来なにになろうかな?」と言うことで
「お母さんのような看護師さんになればいいのに、Yさんはやさしいし、しっかりしてるから」というと
「いや~血をみるのが苦手とか、人に注射を打つなんて・・・ダメ」と今のところ消極的
そしたら
「お母さんが勤めていた病院は、昔{本こわ}っていうTV番組に出たんだよ、夜勤の若い看護師さんが見たんだって」と言うのです。
見たって、オバケのことらしい・・・
「私は霊感が無くて良かった~」とYさん

この話を夜7時ごろお茶飲みに来た従兄弟に話したのです。
その夜は実家に一人で泊まったらしく、次の日「怖かった~」とメールがきました。
「タイミング悪すぎです」笑っちゃいましたが・・

そのYさん、もう一つコワイ話があったのです・・次回に

2010年5月17日 (月)

忍野八海

忍野八海

友人の夫婦が埼玉から遊びに来てくれました。このご夫婦いつも突然やってくるのですが今回は泊まりなので2日前に連絡がありました。いつもはふらっと山梨に来て、ごひいきの忍野のうどん屋さんで、うどん+そばを沢山買って・途中のシフォンケーキ屋さんに寄り・ファーマーズというお店で地元野菜+味噌+ワインを買っていくのがお決まりのコースなのです。
じゃあよく忍野に行ってるけれど八海は見たことがないから行ってみようと言うことになり・・


水深10mの池です
さすがに富士山からの湧き水透明度がスゴい!
吸い込まれそうでゾクッとしました
鯉が泳いでました

2010年5月 5日 (水)

山根弥生子 ショパンCD Vol.②

以前 山根弥生子 [ショパンCD vol.2] 
のリリースを書きましたが、[レコード芸術特選盤]という(推薦評)がレコード芸術5月号に載りましたので、皆さんにお知らせ致します。
<img src="http://pub.ne.jp/yumemiongaku/image/user/1273074428.jpg" width="300" height="296" />

<img src="http://pub.ne.jp/yumemiongaku/image/user/1273146045.jpg" width="457" height="1200" />
レコード芸術[1997年9月号]で特選盤になった
ベートーヴェン・ピアノソナタ全集(9枚のCDに第1番~第32番まで収められている、しかも10枚目には選帝候ソナタ他、作品番号ないソナタも収録されている)を始め
つい最近では[メンデルスゾーン][シューマンを弾くvol.3・vol.4][モーツァルト②][ベートーヴェン変奏曲]
などがある。

来月6月22日(火)19時開演 東京文化会館(小)において山根弥生子ピアノリサイタルが開かれるので
是非お出掛け下さい。

2010年5月 3日 (月)

夜叉神②

[若猿会]のメンバーです
2人写ってないんですが(1人は写している旦那・もう1人はコーヒーを作ってくれている神奈川から参加のGさん御夫婦の御主人)集合写真で山々が写ってるのこれしかなかったので・・
右から
東京のKさん
神奈川のYさん
山梨のWさん(若猿会会長さん)
神奈川のKさん御夫婦
神奈川のGさんの奥様

食事の後にいつもガスバーナーでお湯を沸かせて、コーヒーを作ってくれるGさん(いつもありがとうございます)今回[ペーパーフィルター]を忘れてしまい(どうも奥さんが用意するの忘れたとか?と言っていたので、こんな所で夫婦喧嘩が始まったら大変・まあまあという事で{/嬉しい/}) どうしようか、飲むの諦めようか・・と、でも皆なんとか飲みたい顔してて・・・
「ヤカンのお湯の中に粉を入れて、注ぎ口から少々粉が出てもコップに沈殿した所で飲むとか」
「手ぬぐいもってない?とか」
「注ぎ口から粉だと出ちゃうから豆のままは?」→聞かなかった事にします{/汗/}
結局[ティッシュ]で・・

コーヒーも無事飲めて良かった良かった!
皆→[高谷山]へ向い、そこから下り(急勾配って書いてあった)2時間の[桃の木温泉]へと出発しました。
私はそんな過酷な下りはダメなのと車(2台)を誰かが温泉まで運ばなきゃいけないのとで(旦那は高谷山行ってから)元の駐車場へと戻りました。
私は高谷山へ行かなかったので先に1人で下ってきました。
13時過ぎてましたが、まだまだ登ってくる人たちがいて(人気があるんですねぇ)
「こんにちわ」と挨拶しながら「今日は峠からの眺めは最高ですよ~」と
1人で山に登ってる余裕の女性に見えてたでしょう!(本当は全然違うのに{/汗/})

旦那を待って
駐車場→桃の木温泉(立ち寄り湯OK・大人¥1000)へ出発(車で20分)
[桃の木温泉]14時40分頃到着しました。山奥の中にぽつんとある温泉です。
皆が高谷山を下ったのが13時30分らしく、2時間かかるとして15時30分・1時間待てばいいし皆健脚だから早いかもしれないとロビーで待たせてもらった。

そこの女将さんに「あとから友人達が高谷山から下ってくるから」といった所、「3時間はかかると思うし、道がないし、地元の人じゃないし、下ってこれないんじゃ・・」と不安なお言葉
やはり不安的中
3時間以上たって、すごい崖みたいな所から2人降りてきました(ロッククライミング級)
途中で転がり落ちた人(幸い骨折なし、打撲)1人
女性陣はフラフラ(道は獣道みたいだったようです)

結局7人中3人は全然平気だったようで(共通点は山奥育ち・やっぱり~)

この温泉(アルカリなのでツルツルです+硫黄のにおいがしてすご~く良かったですよ!)宿泊のお客さんも大勢いました。
大変な下山でしたが、汗を流し帰路につきました。皆さんお疲れ様でした!{/森/}

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ