« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

山根弥生子リサイタル 批評

6月東京文化会館 山根弥生子ピアノ・リサイタルの記事が載りましたのでお知らせします

音楽現代 2010年 8月号
コンサート・クローズアップ
<img src="http://pub.ne.jp/yumemiongaku/image/user/1283256294.jpg" width="314" height="450" />

(記事を拡大)
<img src="http://pub.ne.jp/yumemiongaku/image/user/1283254385.jpg" width="600" height="249" />

2010年8月23日 (月)

うちの日よけ+ゴーヤジュース

一昨年は夏の日よけに[ゴーヤ]を植えました。
昨年は[ヘチマ]を植えて(実がならなかった{/汗/})
今年は[ヒョウタン]に挑戦、

かわいい実がなりました。

そうそう[ゴーヤ]のジュースの作り方を教えてもらったのです。
絶対にまずそうだし、苦そうだし無理して食べなくてもと思いきや
以外にgood!
●[ゴーヤ]生のままで小さくカット。茹でないんだとびっくりしました。種はそのままでもと言われましたが私は取りました。
●[りんご]がなかったので[りんごジュース]{/汗/}
●[グレープフルーツ]がなかったので[グレープフルーツジュース]{/汗/}
をミキサーにいれスイッチオン
グラスに注ぎ、氷を1・2個入れて出来上がり。
味をみながら分量を加減してください。

☆スイカも入れてみようかな?(勿体無いと言われそうです)

2010年8月17日 (火)

2010 <若猿会>夏登山

8月7日(土) 天気も良く、参加者6名 Wさん・Oさん・Kさん・Gさん・Yさん・Tさん(Yさんと会社が同じ、初参加です)
午後出発→中央高速(甲府昭和)から芦安温泉(1泊)に向う
8月8日(日) 午前7時30分出発→バスで広川原→乗り換えてまたバスで→北沢峠 午前9時着(登山口)


藪沢にて


甲斐駒を見る

→この日は馬の背ヒュッテ(2640m)で1泊 定員100名のところ、日曜日泊という事もあって25名の宿泊客でした。一帖に2人ぐらいのスペースかもと心配しましたが、ゆったりだったそうです。

馬の背ヒュッテ


甲斐駒の夕日

8月9日(月) 朝から雨なので頂上に行くか行かないか迷ったそうです。

●Oさんは頂上まで上って予定通り違うルートで下りる
●Yさんは全然行く気なし(早く下って温泉でも行きたい様子)
●Gさんは頂上まで上ってみて同じルートを引き返す(頂上から予定のコースだとキケンとされる箇所がありビビッテた、なぜなら前回ハイキングで滑落経験した為)
●山登りの目的は山で昼食する事だけのKさん当然引き返す組
●Tさんは今回初参加なので皆さんに従う
●最終的に会長のWさんは「全員の安全を第一に考え勇気ある撤退」を決断しました。

{/喫茶店/}雨天の為、予定の時間より早く下山したので、帰りにメンバー全員がにうちに寄ってコーヒーを飲みながら山談議に花が咲いていました。秋の山登りは私も膝にサポーターを着けて参加するように言われてしまいました{/汗/}

☆今回さぼりのF市在住Kさんはそれでも気になるらしく、当日メンバー(Oさん)にちょくちょくメールを送ってたそうです{/大汗/}

2010年8月16日 (月)

12日のバーベキュー

川崎のOさん(歯医者さん家族)達が12日に秋山のキャンプ場に来る予定でしたが、台風の影響で前日中止にしました{/汗/}
その日も降ったりやんだりで、川の水も前日までの雨で、きっと多かっただろうし、風も吹いていたしで、やっぱり自然を甘くみちゃいけません。中止にして正解だったと思います。
そ・それに中央高速も渋滞・・だったし

Oさんはバーベキューの為にお肉を塊で買ってくれたんですが・・(今頃はもうOさん達のお腹の中でしょう)私は密かに[ドイツの岩塩]を買って、塩で食べてみようと思っていたのです。


川下りをした桂川 


こんな感じで浮いてます

Oさん家族が最初にうちの近くの[月尾根]キャンプ場に来たのが3年前、その時はバーベキューをして、桂川(旦那や従兄弟の実家のすぐ近くの川)でライフジャケットを着て(ぷかぷか浮きながら)1時間位の川下りをしたのです。これって旦那の従兄弟が自分の子供を連れてよく川で遊んでたので真似をしたのです。勿論、経験豊富な従兄弟さん+次女ちゃんにも参加してもらって!

Oさんご主人+息子2人・従兄弟+次女ちゃん・うちの旦那+息子1人=総勢7人
私とOさん奥さんは、出発点より下流の橋の上から、楽しそうにぷかぷか浮いて来るのを見ていました!
ところがその見えた所は余裕だったそうですが、ちょっと上流ではいろいろあったそうです・・{/汗/}
まぁアドベンチャーですから{/チョキ/}

昨年あたりから、その桂川の私達がアドベンチャーをした所を大きなゴムボート(5・6人乗りかな?)で下っている人達がいるのです。
たまたま従兄弟が橋(私たち2人が見ていた橋)で関係者らしき人がいたので話を聞いてみたら、どうも商売でやってて、1人¥7500だそうです。
ビジネスはやはりボートに乗せて、なんですね。

私達の[ぷかぷか浮いて]っていうのは、あの川を子供の頃から遊んでいて、知り尽くしている人だけが出来る貴重なことなんだなぁと改めて思いました。

音友に山根弥生子リサイタル批評

音楽雑誌[音楽の友8月号] P157
6月22日 東京文化会館でおこなわれた[山根弥生子ピアノリサイタル]の批評が載っていましたので紹介します。

 近年、シューマン・ショパンに円熟味とみずみずしさを同居させてきた山根弥生子がベートーヴェンとブラームスを取り上げた。ソナタをはずし変奏曲と小品という粋なプログラム。
 ベートーヴェンは隠れ名曲に光を当て「アンダンテ・ファヴォリ」「リギーニのアリエッタによる24の変奏曲」「サリエリ<ファルスタッフ>から10の変奏曲」「ファンタジー」ト短調ーロ長調が並んだ。
ベートーヴェンが変奏曲創作の名手なら、山根はその演奏の名手。各変奏の音型、リズムに応じて的確なタッチが選ばれ、個々の性格が明快に弾き分けられた。
後半のブラームスは「カプリッチョ」2曲と<ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ>
ベートーヴェンとは音が変わり、重厚感にみちたブラームスのそれがホールに満ちる。音色づくりもうまい。若手には真似のできないワザだ。最後の大曲はやはり圧巻。熱い集中力の傾注されたフーガには聴き手を引き込む力があった。  [萩谷由喜子]

2010年8月 6日 (金)

皆さんの暑さ対策は?

久々のブログ更新です。

うちの暑さ対策はこれと言ってないのですが、庭に[ひょうたん]を植えて(それが全然実がならない{/汗/})、ちょっぴり日よけにしてるのと、旦那が睡蓮鉢を買ってきて[めだか][睡蓮]を入れて見た目だけ涼しくしてます。山梨は昼間猛暑でも、漸く夜は涼しくなってきました・・朝陽が昇る前までは、本当に高原のような風が窓から入って来ます。

明日から旦那達の[若猿会]では[仙丈ケ岳]に行きます。今回は山小屋泊なので女性陣は参加しません。なんでも夏の山小屋というのは混んでいて一帖に2人ぐらいのスペースだそうです(想像しただけでも息苦しい~)

12日は川崎からOさん(歯医者さん)家族が[緑と太陽の丘キャンプ場 ]にバーベキューをしにやってきます。「Oさん寝坊しないでねぇ~」うちも合流します!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ